私は基本的にアイメイクをしない人なのです。

 やっていた時期もありますけどね。ここ何年もやっていません。あ、やるときは一年に一回か二回ぐらいです。人の結婚式や大きなパーティーなど、やった方が良いなと思うときには渋々やるのですが、普段はやりません。PR:ストレスニキビ化粧水

 

http://ストレスニキビ化粧水/

 

時間もかかりますし、やってもメイク崩れしやすいですし、元々粘膜が弱いという理由もあってあまりやる気にはなりません。そう、粘膜が弱いのです。アイメイクをやった場合、五分五分ぐらいの確率で次の日には目が物貰いになってしまうことがあるのです。別に古いメイクを使っているわけではないのですけどね。喉も痛くなりやすいので、目も喉も粘膜が弱いのかもしれませんね。不便な体質です。PR:ストレスニキビ化粧水

 

 でも本音を言うと、最近アイメイクをまた再開したいなと思い始めているところです。やっぱりアイメイクで顔の印象はかなり変わりますし、化けることができますからね。この前飲み会に行ったときにかなり綺麗でチヤホヤされていた年上の女性がいましたが、きっとアイメイクの効果もあるのではないかと顔を見ていて思いました。全体的に整った人でもあるのですが、多分目鼻立ちそのものはメイクの力が大きいのではないかと思いました。PR:ストレスニキビ化粧水

 

 まあ私もチヤホヤされたいと思っているわけではありませんが、少しでも良く見えることができるのであればできるだけアイメイクの力を借りて一番良く見える状態に変身したいと思います。アイメイク、長年あまりやって来なかったのでどういうテクニークが自分に合っているのかもよく分からないので、今からでも勉強しようと思います。ネットで検索するのも良し、雑誌を見るのも良し、メイク専門の本を買ってみるのも良し、色々と研究してみようと思います。実際にアイメイクをした後、友達に見せたら「やっぱりしている方がしていないより良く見える」と言ってくれましたから、きっとそうなのでしょうね。できるだけアイライナーやアイシャドーが目の中に入ってしまわないように気をつけるようにします。PR:ストレスニキビ化粧水

 

あ、後アイメイクは落とすときも大事ですね。目にメイクもクレンジングも入ってしまわないように気をつけたら物貰いも予防できるかもしれません。以前は結構メイクを拭き取るシートでごしごしやった後にオイルで刷り込むように落としていたので、それもまずかったのかもしれません。目や粘膜の健康にも気を配りつつ、おしゃれな女性に変身するという目的も達成するために、アイメイクをボチボチと再開してみたいと思います。PR:ストレスニキビ化粧水